10月 31st, 2008 | No Comments »

43d2213c.JPG 明日とあさっての二日間、浅間温泉広場(梅の湯から歩いて5分)にて「松本浅間温泉新そば祭り」がおこなわれます。本日保健所の検査も無事終わり、ガスや水道の給排水の工事も終わり、テントの貼り付け、イステーブルの搬入も終わりあとは明日晴れることを祈るだけです。

 明日の開会式には松本市長もお見えになります。

 写真は2年前に浅間温泉のそば祭りにお見えになりました松本市長です。

 梅の湯

10月 30th, 2008 | No Comments »

166d1472.jpg 今日で10月も終わり、今年も後2ヶ月になりました。この時期になりますと暮れの忘年会の予約がはじまります。今年も梅の湯では昨年と同じ料金で「松」「竹」「梅」コースの忘年会プランをご用意しご予約をお待ちしております。

 温泉に入り一年の思い出を語りながら来年を望年しご宴会をお楽しみ下さい。
 
 まだまだ空いている日も多くありますのでお問い合わせ下さい。

 平日ですと幹事さん安心プランなどお得なプランもございます。

 梅の湯

10月 29th, 2008 | No Comments »

b580ba6c.JPG 本日お越しのお客様が「美しい信州」とおっしゃいました。確かに今は紅葉の真っ盛りでとても綺麗な山並みや里が見られます、とても的確な表現だと思いました。

 梅の湯

10月 28th, 2008 | No Comments »

e6808b37.JPG 松本浅間温泉新そば祭りが11月1,2日開かれますが、本日会場作りを行いました、テント張りや厨房器具の搬入です、これから配管工事を行い10月31日に保健所の検査があり、そしてオープンになります。
 
 梅の湯から歩いて5分くらいの場所ですどうぞいらしてください。
 
 写真は昨年のそば祭りの様子です
 
 梅の湯

10月 27th, 2008 | No Comments »

5a07fdd9.JPG 今月は梅の湯の全献立に自家製手打ちそばを入れております。毎日調理と筆者とで打っております。

 先日梅の湯のそば打ちをご指導いただいている先生がお見えになり、指導をしていただき、打ち方が良くなっているといわれました。そして先生の打ち方を調理長と見学し勉強いたしました、さらにおいしい手打ちそばをお客様にご提供できると思います。

  梅の湯

10月 26th, 2008 | No Comments »

f9e49a14.JPG 梅の湯から歩いて5分くらいの所に浅間温泉温泉会館があります。

 今から20年前に松本市と長野県の補助を頂き建てて頂きました。当時は近隣に同じような施設がなく栄えておりました。当時から浅間温泉旅館協同組合が市より委託管理され営業して参りました。

 当時は組合で広告もし営業も周り回数券などを買い、何より浅間温泉旅館協同組合員の持分の温泉を無償で会館に提供し温泉会館を盛り上げて参りました。

 しかし現在は近くに新しい入浴施設が多くでき、施設の老朽化などで入り込みもおちてきております、来年改修が行われる予定とお聞きしております、指定管理者は一般公募ですので組合が取れるか分かりませんが、わたしは施設が古い時担当して苦労した思いがありますので会館への思い入れは大きいです。新しくなった温泉会館が浅間温泉のランドマークとして活躍するために組合で営業したいものです。

 梅の湯

10月 25th, 2008 | No Comments »

966abb48.JPG 梅の湯の玄関にもう一つの古い看板があります.「梅の湯旅館」と書いてあります。
 
 看板の板自体長い年月風雨にさらされていたため、欠けたり削れたりしておりますが、梅の湯旅館と文字がわかります、この看板を見ますと長い歴史を感じます。
 梅の湯にお越しの時ご覧下さい。

 梅の湯

10月 24th, 2008 | No Comments »

c4339b7b.JPG 梅の湯の玄関、風除室に梅形のくりぬきの壁があります。これは水車の歯車を梅のかたちにくりぬき形を整えたものを壁に入れてあります。この梅形は平成4年に梅の湯の建て替え工事をしたとき壊しました建物の広間にあったものです。その前この水車は私の祖父の経営してました工場で機械を動かすのに活躍しておりました。水車ですのでとても堅い木です。

 梅の湯

10月 23rd, 2008 | No Comments »

ad7632c0.JPG 梅の湯の客室にお茶うけで一口羊かんの「塩羊かん」をお出ししております。この羊かんは栗田製菓さんの商品で梅の湯では30年来使っております。
 塩羊かんの名の通り少ししょっぱいですがその分甘さが引き立ちます。どうぞお試し下さい、売店でも販売しております。

 梅の湯

10月 22nd, 2008 | No Comments »

77893c5b.JPG 梅の湯の看板のお話をまたしますが、本日、雑誌の取材がありまして看板の話をしましたらこれは「梅能湯」と書かれているとおっしゃいました。確かにそのように読めます、「いずれに宿の歴史を感じさせる看板です」とおっしゃっていました。

 梅の湯