2月 28th, 2011 | No Comments »

acca877f.jpg 浅間温泉には10体の道祖神があります、道祖神は地域の神であり、集落や村の境界などに多く建てられております。村の守り神、子孫繁栄、旅や交通安全の神として信仰されております。浅間温泉で道祖神巡りをして御射神社、神宮寺などにある古い石仏などを二人でみて歩いていると、恋が芽生えるかもしれません。

 梅の湯

2月 27th, 2011 | No Comments »

727da9b3.jpg 本日は梅の湯で2組の法事のお客様のご利用がありました、ご自宅や御寺で法要を行い、直会を旅館で行うお客さまが増えております。
 梅の湯でも法要のプランを各種ご用意し、喪主様のご負担をなるべく少なくするようにお手伝いいたします。
 お気軽に、ご相談下さい。

 梅の湯

2月 26th, 2011 | No Comments »

c9506ff6.jpg 梅の湯の玄関脇の垣根に毎年春に「黄梅」が黄色く綺麗に咲きます、今年も花の数は少ないですが咲き始めました。昨日まで暖かい日が続いたせいか咲き始めました、川にお湯が流れているので暖かいせいなのか解りませんが、水路の底のほうから咲き始めした。毎年この花が咲き始めますと春が近いなと感じます。

 梅の湯

2月 25th, 2011 | No Comments »

2ad53141.jpg 昨日、ホスピタリティカレッジでの講演でスポーツキャスターの「ヨーコ ゼッターランド」さんのお話を聞きました、元バレーボールのアメリカチームの一員で、日本バレーボール協会の理事もなさっております。
 松本で開かれましたバレーボールのワールドカップに付いてお話頂きました。松本市は地方都市の中でも観客も施設も優れており、大会も大成功でしたとのことです。総合体育館は全国的にも優れた施設であるとのこと、また観客が非常に多く日本の試合がないのに多くの方が集まり声援をしてくれた、東京に次いで2番目の観客数戸のことでした。
 松本にはスケート場がなくなってしまいましたが、体育館、野球場、サッカー場、芸術館,文化会館など、それぞれ立派な施設があります。公共制が豊かな市かもしれません。

 梅の湯

2月 24th, 2011 | No Comments »

4e6e3f75.jpg 筆者は昨年10月21日から本日2月24日まで松本大学で松本市観光ホスピタリティカレッジを受講しておりまして本日最終16講座目を終わり無事認定書を頂きました。

 第1回を受講し昨年第5回を受講しましたが受講日数が足りなくて終了書を頂けませんでしたが、今年度は欠席2回で出席数が足り無事「修了認定書」を頂きました。

 これからもこの学習を活かし業務に励みます。

 梅の湯

2月 23rd, 2011 | No Comments »

63a6943a.jpg 外の気温が低い朝がたは、梅の湯前の水路より煙が上がるように温泉の湯気が上がります。これはオーバーフローした温泉が水路に入るときに外気の気温が低いため大量の湯気が上がり、煙のように見ることができます。
 浅間、湯の街が実感できる光景です。

 梅の湯

2月 22nd, 2011 | No Comments »

513f2d7e.jpg 今朝は冷えました。

 朝冷えますと、霜が降りてきます、車など真っ白になり凍ります。

 写真は今朝の梅の湯駐車場の車ですが、しっかり霜が降り白く凍っておりました、但し、日の光が当たりますとみるみる溶けて行きました。

 凍った霜をとるには、車のエンジンをスタートさせ、暖房を入れ車から温めて霜を溶かすのが一番綺麗にとれます。
 あとは鋭い歯がついたもので窓などに付いた霜を削りとる方法があります。また車にお湯をかける方法もありますが、寒い日はお湯をかけてもすぐに窓などに凍りついてしまい逆効果になることもあります。

 梅の湯

2月 21st, 2011 | No Comments »

8e47fe2b.jpg 5月から公開されます映画「岳」の試写会があり見て参りました。

 北アルプスの広大な自然の中に山を愛する主人公、三歩を中心に登山者、山岳救助隊の物語であります、冬山を中心とした物語のため冬の北アルプスが中心の自然でありました。

 筆者的は、春、夏、秋の風景をもっと画面で見れたらと、感想でした、いずれにしましても良い映画でした。

 梅の湯

2月 20th, 2011 | No Comments »

fd00e0b0.jpg 筆者が毎日お客様にご提供する蕎麦を打っておりますが、同じ量を打つのに毎日水の量が違います、やはり雨の降っている時、晴れている時、寒い時、暑い時、その日の気温や湿度により違い水の量が違います、またそば粉が変わったり、同じそば粉でも引き方が違うと微妙に変わります。水の量はそば粉の45パーセントとして計り水まわしをしますが最後は結局手のひらの感覚で水の量を決めて調整しております。
 従いまして同じそば粉、打ち手でも毎日微妙に違うそばができております。
 
 そば打ちは奥が深くとても楽しいです。

 梅の湯

2月 19th, 2011 | No Comments »

810f7788.jpg 景気が悪い日本の国ですが、我々宿泊産業は不況業種に指定され、仲間も多く廃業したり倒産したりしております、全国的にも宿泊産業は同じような状況となっております。

 そんな中でも1週間の土曜日、休前日は何月でもお客様も平日に比べ多くなり満室になります。本日の土曜日もなんとか満室になりました。

 宿側としては平日に分散して頂くとありがたいのですが・・・・

 梅の湯