5月 31st, 2009 | No Comments »

ba10b4d6.JPG 昨日2組のお客様からお花をいただきました。

 それぞれお祝い事や発表会があり花束を贈呈され、お持ち帰ることができないお花を梅の湯でいただきました。

 今までもお花をいただくことは何度かありましたが、同じ日に2組のお客さまから頂くことはありませんでした。

 大事に飾っております。ありがとうございました。

 梅の湯
 

5月 30th, 2009 | No Comments »

02ca581b.JPG 本日そば打ちをしておりましたら、突然筆者のそば打ちの先生がお見えになり指導を頂きました。
 久しぶりの指導で筆者のそば打ちを見て打ち方の改善をところどころ指示されました、久し振りに緊張し勉強になりました。
 そのため本日のそばは一味違うと思います。

 梅の湯

5月 29th, 2009 | No Comments »

e23490c0.JPG 本日09美ヶ原高原自転車レース IN 浅間温泉の運営委員会が開催されました。
 
 筆者は浅間温泉旅館協同組合理事長のため役職運営委員長になります。今年も6月28日午前7時30分スタートで始まります。
 
 すでに大会に向けて多くの準備作業がそれぞれの班ごとに進んでおります、本日は役割分担の確認そして雨などの天候による大会中止n場合を想定したシュミレーションを確認いたしました。

 昨年は天候悪化、農務のための中止でした、今年は晴れて良い環境で大会ができることを望みます。

 梅の湯

5月 28th, 2009 | No Comments »

23e31d27.JPG 恒例になりました「ツールド美ヶ原高原自転車レース」が6月28日に行われます。それにあせて多くの選手方々が自転車で高原に向かって練習で登っております。

 しかし高原までの道はカーブが多く一部細い所があります、そして新緑のこの時期多くの観光客が車やバスで登っております。お互い交通ルールを守り安全運転をお願いします。
 最近「ひやっとした」と言う話を聞きます。

 梅の湯

 

5月 27th, 2009 | No Comments »

25ca9c54.jpg 梅の湯では、日帰りの会席プランが人気です。

 昼食の日帰りと夕食の日帰りの2つのパターンがありますがどちらも、会席料理とお風呂を楽しんでいただきます。お友達同士や同級会、家族会、いとこ会、また会議を伴った総会など多種にわたります。

 パソコンからは日帰りは予約できませんので、電話にてお問い合わせください。

  梅の湯 電話 0253-46-0345

5月 26th, 2009 | No Comments »

5766101a.JPG 旅館の業界の集まりで組合があります。
 地元浅間温泉旅館協同組合があり松塩筑支部があり中信ブロックがあり長野支部があり全国組織と続きます。またその他に日本観光旅館連盟、国際観光旅館連盟と大きく3団体の組織があります。これにJTBなどの旅行業者の契約施設連盟、そして観光協会といくつも集まりがあります。
 このほかにも商工会議所、法人会、などあります、5月6月はこれらの総会が多く行われます、そのため連日会議があります。

 梅の湯

5月 25th, 2009 | No Comments »

65625fe2.JPG 昨日のブログでもお書きしました、大音寺山の植林地に松本木材協会様より木製のベンチを寄贈していただきました、座り心地の良いのとそこからの展望がいいので、快適です、一度お出かけ下さい、梅の湯から歩いて15分位です。

 梅の湯

5月 24th, 2009 | No Comments »

082c5463.JPG 浅間温泉の大音寺の山に松本市に海外からお見えの留学生の若者に第二の故郷の記念に本日植樹が行われました。
 この山は6年前の山林火災で燃えたところですがまだ木が大きく育っていないところです。合わせて「松本木材協会」様より腰掛けの寄贈がありました。
 場所は梅の湯から歩いて15分ほどのところですが、景色がとても良いところです。

 梅の湯

5月 23rd, 2009 | No Comments »

00e95a9f.JPG 梅の湯では地元産の生酒を3種類置いております。
 暖かな気候になったせいか最近、生酒のオーダーが多くなってきました。筆者はあまり日本酒が飲めないので分からない味もありますが、しかし梅の湯に置いてあります生酒は筆者のいとこの酒屋さんのお墨付きです、魚や肉にも合います、うまいです。

 梅の湯

5月 22nd, 2009 | No Comments »

bcddc74b.JPG ほとんど毎日そばを打っております、昨年の7月より本格的に始めましたが、最近そばを打てば打つほど奥の深さを思います。

 そば打ちには、水回し、こね、のばし、切り、と4つの工程がありますが、どこでしくじっても結果が良くなくなりますが、しくじりがわかりますとカバーができます。

 またその日の気温、天気、湿度、により水の量も違いますし、打ち手の体調や気力によっても違います。

 そば打ちは奥が深いです。

 梅の湯