7月 31st, 2006 | No Comments »

7c04d9ee.JPG 関東甲信越地方に待望の梅雨明け宣言が出ました。浅間温泉も良い天気が2日間続いてます、どうぞ良い季節ですので信州松本浅間温泉にお出で下さい。梅の湯ではお値打ちな企画も多く出してございます、まだお盆も空室のある日がありますのでご連絡下さい。
 電話0263-46-0345

7月 30th, 2006 | No Comments »

2a9504ef.JPG 7月28日からリトルシニアの全国選抜大会が松本市市営野球場を中心に長野県下各地で行われております、全部で65チームが出場しトーナメント方式で毎日熱戦が繰り広げられております。梅の湯にも東京都と愛知県の2チームがお泊りになり両チームとも順調に勝ち進んでおります。ちょうど七夕ですので短冊に両チームの必勝を書きました。

7月 29th, 2006 | No Comments »

a3c3529b.JPG 昨日 浅間温泉広場にてのばら保育園の園児、市川松本市収入役らご来賓多数をお迎えし、浅間温泉七夕祭りのオープンニンブセレモニーが行われました。のばら保育園の園児が作った七夕飾りを役員が受け取り浅間温泉の街に飾りました。約100本の七夕飾りを街に飾っております、8月12日に浅間温泉広場に集めます。

7月 28th, 2006 | No Comments »

344a6053.JPG 8月17日から9月12日まで行われる小沢征爾のサイトウキネンフェステバルを歓迎しようと主会場となる松本文化会館(梅の湯から車で5分くらいの場所)周辺で恒例の花植えが行われましたプランターとフラワーボールに時間をかけて植えられました。サイトウキネンはこの松本文化会館と市民芸術館の2箇所が主な会場で行われます。梅の湯では8月28日のオペラ、メンデルスゾーン:オラトリオ「エリア」の宿泊込みのチケットがまだ2枚ございますお電話でお問い合わせ下さい.電話0263-46-0345

7月 27th, 2006 | No Comments »

c24cc2ab.JPG 昨日 梅の湯パートナー会が開かれました。こらは梅の湯出入り業者さんと梅の湯役員とで料理の試食会を行うものです。今回は調理長に塩原がなり始めての試食会で多くの感想を頂、勉強になりました。また企画商品の提案や原材料の試食提供も頂有意義なパートナー会になりました。梅の湯の料理もますます良くなっておりますのでお客様ご期待下さい。

7月 26th, 2006 | No Comments »

2a42dffa.JPG 梅の湯の玄関先に昨日飾った七夕飾りの横に小学生の作った七夕飾りが並びました。とてもきれいです、札に書いてある言葉もほほえましいです。

7月 25th, 2006 | No Comments »

8ccddded.JPG 浅間温泉の街灯などに七夕飾りが付きはじめました、この松本地方は一月遅れの七夕祭りになりますが、今年は「伝統行事を伝承する会」ができ浅間温泉の旅館や商店に七夕飾りを飾りつけをしております。また地元の「本郷小学校」と「のばら保育園」の子どもたちの書いた七夕飾りも飾り付けられます。梅の湯にも2本の七夕飾りが立てられますが1本は梅の湯、もう1本は子どもたちのになります。

7月 24th, 2006 | No Comments »

ea682ea8.JPG 昨日から2日間長野県中小企業家同友会の女性経営者交流会が梅の湯で行われました。報告者伊藤かおるさんのテーマ「出会いが私の財産」で報告を頂いてからグループにわかれ討論を深め発表し、山本博子さんのテーマ「アリとキリギリスと赤ずきんちゃん」で再び議論を深めました。2日間に渡り熱心に勉強されておられました。同友会では私も良く学んでおりまして会社の経営指針の作り方はこの会で勉強しました。

7月 23rd, 2006 | No Comments »

47aba8ad.JPG 昨日 「信濃の国」の紹介をしましたら、1番だけでなく他も紹介して下さいとのメールを頂ましたので、これから数日かけて順次紹介していきます。
 
 長野県歌「信濃の国」

 二番  四方にそびゆる 山々は 御嶽 乗鞍 駒ケ岳
     浅間は殊に 活火山 いずれも国の 鎮めなり
     流れ淀まず ゆく水は 北に犀川 千曲川
     南に木曽川 天竜川 これまた国の 固めなり

 三番  木曽の谷には 真木茂り 諏訪の海には 魚多し
     民のかせぎも 豊かにて 五穀の実らぬ 里やある
     しかのみならず 桑とりて 蚕飼いの業の 打ちひらけ
     細きよすがも 軽からぬ 国の命を 繫ぐなり

7月 22nd, 2006 | No Comments »

649f1710.JPG 長野県には県歌「信濃の国」があります、この歌は小学生からお年寄りまで長野県の人はだれでも歌えます。昔から県民に愛された歌で県下の小学校の音楽の授業で習います、全国でも県民皆歌える県歌があるのは長野県だけだそうです。梅の湯ではこの信濃の国の歌詞を箸袋に印刷して有りますのでご来館の時ご覧下さい。また1階エレベーターホールには写真に写ってます「中野源三郎氏」直筆の信濃の国歌詞が掲げてございます。梅の湯のカラオケには信濃の国が入っております。
 
 信濃の国 
  一番、 信濃の国は 十州に 境連ぬる 国にして
      そびゆる山は いや高く 流るる川は いや遠し
      松本 伊那 佐久 善光寺 四つの平は 肥沃の地
      海こそなけれ 物さわに 万ず足らわぬ 事ぞなき