2月 28th, 2006 | No Comments »

c0b09268.JPG 神宮寺には薬師堂があります、延宝2年松本城主水野忠直の母・清陽院の祈願により堂を建て薬師如来を安置しました。現在ある薬師堂は昭和33年に東京大学の藤島玄治朗博士の設計により藤原時代の御堂形式に再建されました。薬師堂のそばにおじの墓があります、私は薬師堂の前で腰を下ろし瞑想すると気分が晴れます。

Posted in 未分類
2月 27th, 2006 | No Comments »

8d438d68.JPG 本日梅の湯取引業者の会「梅の会」の新年会が梅の湯で開かれます。梅の湯に物資などを納入している業者会ですが60社ほど加盟しております。料理の試食会をしたり研修会をしております。本日は40社ご参加いただけます。

Posted in 未分類
2月 26th, 2006 | No Comments »

7a8b028c.JPG 今朝起きましたら大粒の雪が降っておりました、ひさしぶりの雪ですが気温が高いため昼ころからみぞれになり道路の雪も日陰を除いてほとんど溶けてしまいました。

Posted in 未分類
2月 25th, 2006 | No Comments »

ce65a268.JPG 1昨日松本大学で「観光ホスピタルカレッジ」の最終講義がありまして受講しました。これで全12講義受けたことになります、後は4000字の論文を提出し成績通知を頂、3月9日に終了式と終了証の授与式、先生方によるデスカッションを聞きます。毎回100人の方が講義を受けそして観光業以外の各種の業種の方たちも熱心に勉強しました、松本市内に住んでいる方がホスピタリテーについて学んだ良い機会でした。私自身も大変ためになりました。

Posted in 未分類
2月 24th, 2006 | No Comments »

91c941d0.JPG 安曇野で越冬していた白鳥の北帰行が始まりました。22日夜から23日朝にかけて始まりました、23日の朝白鳥の数を確認したところ約200羽減っていたそうです。北帰行の開始は例年に比べやや遅めだそうです。

Posted in 未分類
2月 23rd, 2006 | No Comments »

3d8d5c8b.JPG 神宮寺の尋常浅間学校
明治初年神宮寺は廃仏稀釈により打ち壊されました、わずかに残った建物で浅間地区の学校として使われ明治44年まで浅間尋常高等小学校とよばれこの地の教育の場としての存在でした。
 現在でも尋常浅間学校は開校しております。校長は永六輔、教頭無着成恭、小番高橋卓志(神宮寺住職)他有名講師陣です。だれでもいつでも入学でき、校則はありません、場所は神宮寺です。入学するには入学願書と学級費が必要です、授業を受けるには予約が必要です。詳しくは、電話0263-46-0096

Posted in 未分類
2月 22nd, 2006 | No Comments »

b57fdbed.JPG 神宮寺には「アバロホール」があります。このホールの中央に「聖観音」さまが座られ、南北の壁に西国三十三ヶ所の観音様が並ばれています。この因縁により深い祈りと願いの場である観音堂をアバラ・ホール(AVAROHALL)と名づけたそうです。観世音菩薩は、サンスクリット語でアバローキタシュバラと称されてます。

Posted in 未分類
2月 21st, 2006 | No Comments »

041125de.JPG 梅の湯の庭にあるしゃくなげが今年は8個のつぼみをつけました、昨年はあまり元気がなかったですが、今年は春にきれいに咲いてくれると思います。

Posted in 未分類
2月 20th, 2006 | No Comments »

4a8a5b67.JPG 梅の湯では今月のご夕食料理の1品の中に「岩茸」をお出ししております。岩茸は800メートル以上の高所の岩に生え、成長するのに2,3年掛乾いていると取れにくく雨など降った湿ったときにしか収穫できないため、採るのがが危険で数も少ない物です。したがって珍味の一品ですが、私の実家の近くに「岩茸」採りの名人がおりまして、岩茸を譲って頂いて調理しております、どうぞ召し上がって下さい。

Posted in 未分類
2月 19th, 2006 | No Comments »

8bda9fda.JPG 梅の湯から散歩で10分の神宮寺には、上原三川の句碑、高橋玄一朗の詩碑、与謝野晶子の歌碑があります。また茶臼山々砦の木村素衛の碑などもあり、ちょっとした文学散歩道を形成しています。

Posted in 未分類